トヨタが提供する車のサブスク『KINTO(キント)』とはオススメなのか徹底解説

キントのアイキャッチ画像 生活

トヨタ自動車が展開している車のサブスクリプション『KINTO(キント)』が今大人気なのはご存知でしょうか。

2019年は1,000件程度だった利用者、2021年には1万2,000件以上と急速に契約者数が伸びています

今回の記事では『KINTO(キント)』のサービス内容料金利用車種など人気の秘訣を徹底解説していきます。

トヨタが提供する車のサブスク『KINTO(キント)』とはオススメなのか徹底解説

トヨタ 車のサブスク『KINTO(キント)』とは

KINTO(キント)』とは、トヨタ自動車が展開している月額定額料金で車に乗ることができる車のサブスクリプションサービスです。

頭金不要、車両、任意保険、自動車税、登録諸費用、車両のメンテナンス費用まで、すべて込み。急なメンテナンスの出費や毎年かかる税金を払わずに済むことから、20代〜30代の若年層にかなり人気のサービスになっています。

2020年には利用できる車種を拡大し、新型ヤリスレクサスまで利用可能になりました。

KINTO公式サイトがコチラ

トヨタ 車のサブスク『KINTO(キント)』の料金

『KINTO(キント)』の利用料金は車種、年齢、利用期間(3年・5年・7年)によって異なります。

KINTO(キント)公式サイトでは、車種別の料金シミュレーションができます。

例:RAIZE X”S” GAS 1.0L+ターボ 2WD

・年齢26歳以上・利用期間7年

自動車ローン購入時(5%) 月々62,100円

KINTO 月々39.820円

KINTOで利用すれば2万円以上もお得に車に乗ることができるんです。

トヨタ 車のサブスク『KINTO(キント)』で利用できる車種

『KINTO(キント)』で利用できる車種は、人気のプリウス、ハリアーはもちろんのこと、高級車のレクサスまでご利用できます。

RAIZE(ライズ)

ライズ

X”S” GAS 1.0L+ターボ 2WD(5人)

ハリアー

ハリアー

G GAS 2.0L 2WD(5人)

ヴェルファイア

ヴェルファイア

Z”GOLDEN EYES” GAS 2.5L 2WD(7人)

レクサス LX

レクサスLX

LX570 “Black Sequence” 4WD(8人)

まとめ

以上が、車のサブスク『KINTO(キント)』のご紹介でした。

毎月の車の維持費が固定されていれば、家計を圧迫する急な出費の心配もありません。

お車の購入を考えているなら、車のサブスクも候補に入れてみるのもありですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました