保育園でのオムツの悩みが解消!オムツのサブスク『手ぶら登園』で名前、枚数の心配不用!?

オムツのサブスク手ぶら登園 生活
保育士
保育士

オムツって子供ひとりひとりの管理をしなくちゃいけないから大変なのよね〜

サブスク博士
サブスク博士

それなら「手ぶら登園」を利用するのはどうじゃ?

オムツが定額料金で保育園にまとめて配送されるサブスクサービスで、保護者と保育園お互いにメリットがあるサービスじゃよ!

保育に携わるあなたは、忙しい業務に加え「オムツの管理」ってかなりの手間だなと感じてはいませんか?

枚数、名前、保護者に連絡と「オムツの管理」がなくなれば、業務の負担は大きく軽減できます。

保護者のあなたは「オムツを持っていくのが面倒」「いちいち名前を記入するのが面倒」だなんて悩みを抱えていませんか?

今回はそんな保育士と保護者の悩みを同時に解消できるサービス『手ぶら登園』をご紹介します。

保育園にオムツを直接配送する『手ぶら登園』とは

オムツのサブスク
Copyright © BABY JOB株式会社. All Rights Reserved.

手ぶら登園とは、ベビージョブが提供している紙おむつが保育園に直接届くサブスクリプションサービスです。

月額定額2,980円でご利用できて、直接保育園に届くので「オムツ忘れ」「オムツの枚数」の心配が解消されます。

保護者、保育士ともにゆとりができることで、育児で大変な親御さんのお子様との時間も増えることから人気のサービスです。

数々のメディアでも紹介され、2020年に開催された日本サブスク対象2020でグランプリを受賞したことでも話題になりました。

手ぶら登園の公式サイトはコチラ

『手ぶら登園』のおすすめポイント

オムツの枚数を気にしなくても大丈夫

手ぶら登園は、保育園とベビージョブが連携してサービスを提供します。

保育園側で行うのはサイズ管理のみ、オムツが少なくなったら発注のサイクルのみでご利用可能です。

本来オムツを持参しようとすると、名前を記入したり、枚数を気にしたり色々と大変ですよね。しかし、手ぶら登園ではオムツも使い放題。さらに、サービス利用者と共同で利用するので、個別にオムツを分ける必要がない為、手間も省けます。

保護者、保育士にお互いメリットがあるサービスです。

保護者のオムツ忘れ心配もなし

手ぶら登園は、オムツが保育園に直接配送されるので、保護者のオムツ忘れの心配もありません。

育児、家事、仕事で忙しい親御様の朝にオムツを忘れてバタバタするなんてこともなくなります。

保育園の登園にも荷物を減らせることで、お子様と手を繋ぎながらの登園も可能になるのではないでしょうか。

『手ぶら登園』の口コミ、評判

手ぶら登園を利用している保育園、保護者の評判は89%の利用者が満足

実際に保育園側の意見では「オムツの事務作業の手間が省けた」「常にオムツがある安心感」と高評価の意見があげられています。

保護者の評判も「オムツを持参する手間が省けて楽になった」「荷物が減った」など、保育園と保護者がお互いに高評価の意見が多く寄せられていました。

町が率先して導入している地域もあり、少しでも保育士、保護者の負担を軽減させようとする試みにピッタリなサービスとも言えます。

『手ぶら登園』の利用方法は?

手ぶら登園利用方法
Copyright © BABY JOB株式会社. All Rights Reserved.

利用方法はいたって簡単。名前、支払い方法、保育園を登録するだけ。

契約後は直接保育園にオムツが配送されるので、面倒な手間もありません。

しかし、手ぶら登園を利用できる保育園は限られているのでご注意ください。

手ぶら登園が利用できる保育園は2021年1月時点、全国約500の保育園で導入されています。

公式サイトでエリアごとに導入保育園の検索も可能なので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上が「手ぶら登園」についてまとめた記事でした。

月額2,980円は少し高いかもしれませんが、オムツの手間、スペース確保を考えると全然お得なサービスではないでしょうか。

まだまだ導入保育園が少ないのが残念ではありますが、これから導入される保育園も多くなるはず。

なんと言っても、保育士、保護者の負担が軽減できるので、とても魅力的なサービスと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました